働くモチベーションは、恐れから?喜びから?

どうも! Kunyです。

 

 

仕事するうえで、「失敗」は悪いことじゃない。

ただ、失敗を隠すことだけはしないでね。

 

と、常日頃から

スタッフや仕事のメンバーに伝えています。

 

そもそも、スタッフたちの失敗に僕が寛大な理由は

一貫して、あることを伝えたいから。

 

それは・・・

 

「何事も、自由に楽しんでやりなさい。

恐れからじゃなくて、喜びで動きなさい。」

 

ということです。

 

仕事は、やらねばならない、の「ねば・べき」を源泉にするのではありません。

 

やりたいことを存分にやれる「喜び」がモチベーションになったほうがいいと思ってます。

 

 

だからこそ

 

「何かあったら責任をとるから、安心して、やりたいことを思う存分やって」

 

と言い続けています。

 

ビクビクしながら仕事してほしくないし、そんなスタッフの姿を見ても何より僕が幸せじゃありません。

 

普通の会社だったら我慢を強いられるようなこと。

やりたいことを我慢し続けるような環境。

 

そんな状態がずっと続くと、人間って慣れてしまって、次第に「自分のやりたいこと」がわからなくなっていきます。

 

 

自分のやりたいことが、存分にできない会社。

 

 

そんな会社、いっぱいありませんか?

 

 

失敗に非寛容で、「間違えたくない」「失敗したくない」恐れから、自分らしさを発揮しないまま、抑えつけられるような仕事をしている人。

 

そんな人、いっぱいいませんか?

 

 

僕は、そんな人を量産したくないんです。

 

恐れからではなく、喜びから仕事する

 

僕は、きれいごとだと言われても、みんなを幸せにしたい、とずっと思っています。

 

僕のやりたいことは、突き詰めるとそれがすべてなんです。

 

みんなを幸せにしたい。

 

だって、考えてもみてください。

 

仕事仲間って、もしかすると夫婦より長い時間を一緒に過ごすんです。

 

だから、相手の首に縄つけるようなマネはしたくないし、稼げるだけ稼げよ、と圧迫する気もさらさらありません。

 

楽しく、働きたい。

幸せを感じながら、働いてほしい。

 

ただですね〜・・・

この僕のやり方、自由っぷりに「いい!」と賛同するスタッフもいれば、戸惑うスタッフもいたのは確かです。

 

型にこだわらない僕に対して、「型にはまること」で安心を得るタイプだと自由さに戸惑い続けて、会社を辞めた人もいます。

 

進んで型にはまろうとするスタッフに対して、

 

「そういう会社なら、他にたくさんあるから、うちで働かなくてもいいよ」

 

と伝えて、実際よそに行っちゃったスタッフもいます。

 

そのことに対して、特に何も思っていません。

 

 

僕の会社は、他によくあるような会社とは違う、というだけ。

 

会社は、仕事をとおして「その人の人生を作っている」現場なのだから、自由にやってほしい

 

というのが僕のポリシーであり、会社のポリシーでもあります。

だから、型はないんです。

 

だって僕自身が、しばられたりするのが大大大大大大だーーーーーい嫌だから。

 

 

こういうスタイルに合わない人とは、繋がりが自然に切れていくし、好きな人は自然に続いていきます。

 

恐れからではなく、喜びから仕事する。

 

僕の仕事の方針は、いたってシンプルです。

 

メルマガ登録

ビジネスだけでなく人生も成功したい方のためのメルマガ、不定期的に発行中!