あなたがあなたらしくいれないと、意味がない③

ハイサーイ! Kunyです!

前回のブログ、Aさんの話の続きです。

 

Aさんは沖縄から離れたエリアの担当です。

内地の担当ね。

(沖縄では、本州のことを「内地」と言います。)

 

僕との仕事のやりとりは普段パソコン上でやることも多いです。

彼女の担当するエリアで不動産の物件を探す目的で、先日、僕が沖縄から上京して、Aさんと一緒に不動産屋をあちこちめぐっていました。

 

あちらこちらの物件を探しているうち、ひょんなきっかけでつながった不動産屋さん。

そこを経営されている方とその奥様が、たまたまうちな~んちゅ(沖縄の人)で、いろいろ親身になって調べてもらったりと、話がすごく盛り上がったんですね。

 

物件も良さそうなものを紹介してもらえそうな流れになり、店を後にした僕は、ご機嫌でした。

 

それから数日後、例の物件探しを進めるにあたって

「そういえばあそこの不動産屋さんいい感じだったね~」

とAさんに言いました。

すると、Aさんの声が曇っているんです。

 

話す言葉自体は悪くない感じなのに、言葉以外から伝わってくるものが、不穏な感じ。

 

彼女のなかで、何かが抵抗している・・・

そう感じた僕は「どうかした?」と訊いてみました。

 

言いたくなさそうです。

それで、ピンときました。

” あ、きっと今も「私って、ズレてんのかな・・・」って思ってるな ”

って。

 

思ったことは、なんでも言ってよ、とこちらが粘って、しぶしぶ口を開いてくれました。

「う~ん。う〜ん。なんとなく・・・」

彼女の直感がNOを言っていたんですね。

 

直感というか、虫の知らせというか、何か、引っかかるものを感じているらしい。

その直感の内容を、あえて言語化するなら・・・

相手の方が、「裏技寝技を使うタイプ」なところを会話のはしばしから感じとったそうです。

 

もしもここで、普通の会社の上司だったら、きっとこんな反応を彼女に返したと思います。

 

「あれだけ親切にしてもらったんだし、物件が決まればこのままプロジェクトが、スムーズに進められるんだから、ちょっとくらい気になることがあってもガマンしてやってよ」

と。

 

でも、僕は

「へ~、そうなんだ。なんか引っかかるモノがあるんだったら別にいいよ!」

とAさんに言いました。

Aさん、またもしんどそうです。

 

自分のせいで、仕事の進み具合が滞ってしまう。

ここで自分がガマンしたら、うまくいくはずだったかもしれない。

 

大高さんも気に入っていたようだし、自分がズレているだけなのかな・・・

と、グルグルしちゃってるんですね。

 

 

僕は、ハッキリと言いました。

「このエリアはあなたに任せているんだから、あなたが気に入った人と仕事をしてもらわないと意味がない。

 

そのために物件が決まるのが遅くなってもいい。

我慢して付き合う必要はない。

なんなら、私が社長!くらいのつもりで堂々とやってほしい」

 

Aさんはびっくりした顔をしていました。

つづく・・・

 

あなたがあなたらしくいれないと、意味がない④

メルマガ登録

ビジネスだけでなく人生も成功したい方のためのメルマガ、不定期的に発行中!