「こうありたい」理想の自分に、苦しめられていないか?

どうも! Kunyです。

 

ブログを開設後、7月はほぼ一ヶ月放置プレイしていました。てへペロ。

 

 

新しく会社を2つ登記したあたりから仕事量がガッツリ増えまして、

やんなきゃいけないこともめちゃくちゃ増え、

関わる人の数も増え、必死に対応しているとあっという間に1日が過ぎていって・・・

ブログの更新は頭のどこかにありつつも、完全に隅っこに押しやってました。

 

それが状況。

で、その間のメンタルはどんな状態だったのか? というと、

 

「仕事、ぜんぜん進んでいないじゃないか」

「ダメだなぁ、自分」

 

と、

 

「自分責め」していました! 笑

 

更新できなかったこの期間、僕に何が起こっていたかを

お話ししたいと思います。

 

もしかしたら、何かのお役にたてるかも。

 

 

「こうありたい」理想の自分とのギャップに、苦しんでいた

 

このブログは、自分のありのままの姿をさらけ出すつもりで書いているので

ダメダメな僕のことも出していこうと思っています。

 

人は、成功体験より、失敗経験から多くを学ぶと思っているからです。

 

ちなみに、失敗体験は他人のそれからでも学べます。

反面教師ですね。

 

そうそう。

 

僕が日々の仕事を精力的にやりながらも、

その裏でひっそり(?)おちいっていた「自分責め」モード。

 

 

会社を新しく2つ登記し、

仕事の柱が3つに増えたことで、やることが3倍増えました。

 

新しく会社を始めるのですから、やる気に満ちていて

エネルギーはとても高いです。

 

「新しい事業を通して、こんな社会にしていきたい」

 

「自分の本質を発揮して、こんな自分になっていたい」

 

なんて、

「理想の自分」や「理想の目標」を描きながら

そりゃもう

ひたすらバンバン前進・・・

 

前進・・・

 

 

していない!!! 笑

 

 

思ったよりぜんぜん、進んでいないじゃないか!

なぜこんなことに?

やりたいこともやらなければならないことも山積みなのに、

どうして前に進めていないんだーーー?

 

 

ってねぇ・・・(遠い目)

 

 

自分責めしていたんですよ。

 

 

いきすぎた「結果重視」タイプは、自分を追い詰める

 

実は、もともとの僕は「結果重視タイプ」です。

 

結果がすべて!

プロセスも感情も関係ない。

仕事は、結果を出してはじめて価値があるもの。

やる気がどうの〜、とか

しのごの言ってないでやることガンガンやってこうぜ!!

 

それが、以前の僕の仕事スタイルでした。

 

感情をまるっと無視して、思考だけでバリバリ前進するタイプですね。

 

過去の僕が、その状態で突き進んで何が起こったかというと

 

自分らしさを失って、

家庭も失って、

忙しさのわりにお金が思うように残らなくなって・・・

 

と、行き詰まりました。

 

このままではいけない、と考え方を変える必要に迫られました。

 

 

考え方を変える、というのは

結果重視の考え方を変えて

今まで無視していた「感情」や「プロセス」も大切にするようにしたことです。

 

そして今の「ゆるガチ」(ゆるやかに働いて、ガッチリ稼ぐ)

スタイルを確立していったわけです。

 

 

で、ブログが書けなかった期間はどうだったか?

 

3つの仕事をやりながら、知らないうちに

かつての結果重視の考えに戻ってしまっていたんです。

 

結果重視の思考におちいって、どうなっていたか。

 

今日はここまでやろう、と予定していたのに

予定よりぜんぜんできてないじゃないか。

目標にぜんぜん届いてないじゃないか。

 

あーもう、自分、ぜんっぜんダメだ・・・

 

って、自分を責めて、状態が落ちていくんですね〜。

 

長くなったので続く!

 

理想の自分や、高い目標につぶれそうになったら

メルマガ登録

ビジネスだけでなく人生も成功したい方のためのメルマガ、不定期的に発行中!