「手放し力」をあげよう

どうも! Kunyです。

夏が過ぎ、海に行ったり行かなかったりの毎日ですが、人生の波には、ここのところずっと乗っております。

サーフィンみたいに。

人生の波の中で一呼吸も大切

出来事が、起こるべきタイミングで起こり、出会いが、会うべきタイミングで起こっている。

 

えっと・・・

 

波にノリまくって順調!

人生なーーーんにも問題なし!

 

っていうわけではないですよ、念のため。笑

 

物事が起こるというのは、プラス・マイナス、そのどちらも含んでいます。

 

なので、

 

問題が起こるところでは、ちゃんと(?)勃発し、向き合うべき課題には、必要なタイミングで直面させられる。

 

きっと、それが今の僕に必要な出来事であり、出会いであり、問題であり、乗り越える課題だったり、と今の僕にちょうどいいもの、が目の前に用意されている感じです。

 

波って、高い箇所だけでは「波」とは言えないですよね。

 

底を打ちそうなくらいの下降に向かうウェーブと、天に向かうような上昇に向かうウェーブと、その中間の高さのまるで止まっているような一瞬の凪と、それらが組み合わさって「波」です。

 

僕は、今それに乗っているなぁ・・・

という感じなんです。

 

それは、とても心地良いかんじです。

  • 一部を切り取れば

もちろんしんどいときもあるけれど、肩にこもっていた余計な力が抜けて「なんくるないさ〜〜」(沖縄弁:なるようになるさ〜)って感じです。

 

今、どうしてこんな状態になれているのだろう?とちょっと考えてみました。

 

「手放し力」をあげると、進むべき場所に導かれる。「流れに乗る」って楽です。

 

「手放し力」って?

 

それは、な〜んもしなくていいよ〜〜の意味の「ラク」ではありません。

 

ちょうどいいサイズの緊張感とリラックス感で、バランスが取れているという感じに近いです。

 

どうして僕は、変な肩の力を抜いて流れに乗れているのか。

 

それは、「手放し力」を上げたから。

 

ビジネスデトックスを実践して、「余計ないことはやらない」と決めて、今まで自分を制限していたモノをいくつも取っ払ってきました。

 

そして、目の前に起こることに身をゆだねて、損得については可能なかぎり考えないようにする。

(「損得」思考を失くすことはできないので・・・)

 

これだけです。

 

そうすることで、フッと、上流に向かって泳いでいるような、強い水の抵抗みたいなものが軽くなって、今まで「流れに逆らっていた自分」に気づきました。

 

流れに乗ったことで、流れに逆らっていた自分に気づけたという感じかな?

 

もし今、あなたが、人生の波のようなものに溺れそうになっていたら、泳いでも泳いでも先に進んでいないような感じがしたなら、「流れに逆らっている」のかもしれません。

 

好きで流れに逆らっているわけじゃあないんだよ〜〜!!!

 

「手ばなすといいですよ」

「手放し力を上げましょう」

と言われても、一体、なにをどうやって??

 

と、混乱する方もいるかもしれません。

 

ですよね。

 

わかる気がします。

 

昔の僕もそうでしたから。

 

ビジネスデトックスを実践するまではいろいろありました。

 

話せば長くなるので、「手放し力の上げ方」について、もっと詳しく知りたい方は、僕のメルマガが何かのお役に立てるかもしれません。

 

「メルマガ登録の方法がわかりづらい!」とある読者さんに教えてもらいました・・・

ごめんね。

ここから登録できます!!

大高邦男メルマガ 登録フォーム

メルマガ登録

ビジネスだけでなく人生も成功したい方のためのメルマガ、不定期的に発行中!